源泉分離課税とは 意味・解説

ネット証券比較ガイド
トップページ株式投資用語集>源泉分離課税 サイトマップ
 スポンサードリンク

 株式投資用語集

源泉分離課税
源泉分離課税とは、実際に株式を売却した際に収益に関係なく、売却代金の1.05%を税金として支払う方式です。どんなに売買益が発生しても売却代金の1.05%の税金で済む点や確定申告の必要がないというメリットがありますが、売買損が発生しても(現物取引)源泉徴収が行われるというデメリットもあります。

FX取引
CFD取引
ネット銀行
ネットキャッシング