S株

S株とは、単元未満株を売買できる取引のことで、最小単位である1株の整数倍での売買が可能です。プチ株とも呼ばれています。1単元が1000株の銘柄の場合、ミニ株では、単元単位の10分の1での取引になりますが、S株(プチ株)では、ミニ株よりも小さい1株単位から取引できます。