バスケット取引

バスケット取引とは、「パッケージ取引」とも呼ばれ、複数の銘柄をまとめて、1つの取引として売買することをいいます。一般にバスケット取引は、15銘柄以上かつ1億円以上の取引が対象で、大口の投資家(ファンド・機関投資家等)がインデックス運用の売買、ポートフォリオの銘柄入替、裁定取引に伴う現物株の売買などをする際に利用します。