端株

端株とは、単元株取引に必要とされる株数に満たない株式のことです。例えば、1000株を単元株と定めた株式を1300株保有していた場合、300株が端株となります。通常の株式市場で取引した場合、単位株取引になるので端株は発生しませんが、その株を発行している企業が増資などを行ったり、社員持株会などで株式を積立購入している場合などで端株が発生します。この端株分については証券市場で売買することはできないので証券会社などに買い取ってもらい現金化することができます。