逆指値

逆指値とは、株価が売買注文時から「指定の株価まで下落したら売り」「指定の株価まで上昇したら買い」とする注文形態のことです。通常の指値注文と反対の形態である為「逆指値注文」と呼ばれています。