源泉分離課税

源泉分離課税とは、他の所得と分離して一定の税率で税金が源泉徴収され納税が完結する課税方式です。所得を受け取る時点で税金分が差し引かれているので、確定申告の対象となる所得からは除かれます。預貯金の利子などが源泉分離課税の対象となり、所得税15%、住民税5%の計20%が源泉徴収されます。