ダブル指値

ダブル指値とは、売買注文の際に、時価の上下で指値逆指値を同時に行う注文形態のことです。たとえば、時価900円の手持ち株の売却で「1,000円の指値注文をだしつつ、株価が880円まで下がったら指値を870円に訂正」といった設定が可能になります。